2014年06月05日

元風俗嬢のつぶやき

今、Hなハンドサービスやオイルマッサージ
デリヘル、ソープ、オッパブなんていう全ての性風俗をひっくるめると
かなりの数の女の子が
人生に1度は風俗の世界に足を踏み入れていると言われている。






クラスに女子が20人は居たら5人が関わったことがある・・
と言う統計が出るとか出ないとか。。。


その女の子達の特徴って一体なんだろう?と最近考えることがある。
・お金好き&派手な生活が好き
・野心家
・セッ◯スが好き(←あんまり居ない印象だけど)
・シングルマザー
・父親との関係が疎遠


まだまだあるけれど私のまわりの嬢達が大体こんな感じ。


私は野心家だしお金も好き。
そして父親との関係が最悪。


今考えればあれは虐待だったなってことが多々あるし、
高校の頃成績が落ち込んだ私の髪をハサミで切ったこともある。


小さい頃はいい子になろうって頑張ってきた。
そのお陰で勉強はできる子供だったと思う。


でも私がどんなに頑張っても父親は褒めてくれたことは無かったし
いつも『その程度ならできる奴は五万と居る。』
ってのが口癖だった。


高校でバイトや遊びに忙しくしている私に腹が立ったんだろうね、
酔った勢いで寝ている腰のあたりまであった私の髪の毛を
肩あたりにまでにざく切りにした。


もう感じたことの無い怒りとともに
私の中での父親はあの日に死んだの。


次の日学校休んで美容室でベリーショートにした。


今まで父親という呪縛に苦しんでいた自分にサヨナラして
何だかトコトン吹っ切れた。


そのままサロンモデルになって地元のフリーペーパーのモデルして・・
ってやりたかったこと全部した。


風俗の世界に足を踏み入れた時、
なんら躊躇なく父親ほどの年齢のお客様と肌を重ねることができたのは
私には父親が居なかったからだと思う。


友人の中には父親と良い関係を築けているこも多い。
そのこ達はキャバクラまではできても
風俗で父親くらいの人の相手は絶対にできないと言う。


そーえいば高校生の頃、援助交際に走ったこ達は
みんな家族との関係が最悪だった。


時々、幼い頃の自分を思い出して
おかしい位に泣いてしまうことがある。


あの時もっと父親の愛に包まれていたら
今はもっと違う自分になれていたんじゃないかって
どーにもならないことを考えてしまう。


どーにもならないのにね。


人間を救えるのはお金なんかじゃないよ。


絶対に愛だって5000万円の小銭を持った女が言ったって
あんまり説得力ないけどね。。
















posted by マリエ at 10:53| Comment(1) | つぶやき | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あなたはお父さんにされたのよりも、酷い虐待を自分の心と体にしてしまったのですよ。
Posted by YUTA at 2014年07月24日 23:54
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。