2012年12月20日

愛人契約!?それって現実!?

風俗を始めて2ヶ月。

段々リピーターさんも増えてきた頃、既婚で30代のお客様に、
『マリエちゃん、何でこの仕事をやっているのか何度も聞いてきたじゃない?
 でも、いつも答えてくれないからもう聞かない。
 でも。。お金が必要なのは確かじゃない?
 だから僕が生活にかかるお金を援助するからお店を辞めてくれないかな?』

と言われました。








そのお客様(Gさん)は若くして成功されている方で、
不動産をいくつも持つ方でした。



働き始めて3日目かな?に指名で呼んでくれ、
それから週3回は呼んでくれる私の超上客様。



ただ、私に本気になっている感じが段々怖くなっていたお客様でもあったんです。



毎回ロングで呼んでくれるのは嬉しいんですが、
『今日も予約が取りづらかった。今日は俺が初めてだよね?
  でもラストまでは予約取れなかった。俺の後に何人接客するの?』



とか、


『毎月いくらあれば俺だけを見てくれるの?』
とか。。。。



毎度繰り返される質問や好き好き攻撃に嫌気がさしていました。



そんな時にこの愛人契約の話。


噂では聞いたことあるけどそんなこと本当にあるんだ!?ってビックリ。



何だか裏の世界の話って感じで凄く怖い感じがした私、Gさんに、
『え~・・私月300万は貰わないとこの仕事は辞められないよ~(*^o^)』
って言ったんです。



300万なんて金額を言ったらGさんが諦めてくれると思ったんです。



すると、Gさん。。
『わかったよ。じゃあすぐにはお店辞めるのは無理だと思うから、
 来月にお店を辞めてきちんと僕達の 関係を始めよう。』と。



 え( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚!?!?!?



私『え!?300万だよ!?いやいやいや!!そんな私に価値ないから!!
 なんで!?奥さん居るんだからそんなのバレたら大変でしょ!!』



G『大丈夫。
  今マリエちゃんが他の男と居る事を考えると仕事に身が入らないんだよ。
  僕のものだけになってくれればビジネスに身が入るからそんな金額安いよ。』


(金持ちの考えを理解するのは無理だ・・・(´Д`;))



その日はあーでもないこーでもないって私の考えを話しても通じず、
次のお客さんの予約も入っていたのでそこでサヨナラしました。




もちろんプライベートの友達に相談できるはずもなく、
当時の私は同業の友達も居なかったので誰にも相談出来ず、
1人でただただ考えました。




・契約をすれば仕事を辞めれる
・何だか怖い




この考えがぐるぐるしていました。




愛人契約をしたら密な付き合いになる。




今でも私への異常ともいえる執着心がもっと凄くなりそうで怖かった。




Gさんとの話は長くなるのでまた時間がある時に書きますね☆














































































ラベル:愛人契約
posted by マリエ at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

風俗嬢同士の友情?

様々な理由で風俗嬢とうい道を選ぶ女の子達。

私は風俗で働くと決めた時、
風俗で出会った人とは友達にならないと心に決めていました。






だって、【風俗嬢】として働くのは私の人生の通過点であり、汚点だと思ったから。



そんな場所で出会う人と友情を築くなんておかしいと思ったんです。



だから仕事をはじめた頃の私はきっと他の嬢から見て、
“暗い奴”って映っていたはず。(実際根暗だけど)



待機部屋でも移動中でも、
誰かに話しかけるなんてことはもちろんしなかったし、
話しかけられないようにイヤホンをして
音楽をずっと聴いていました。
(今思い出したらやばい奴すぎる笑)



でも汚点だと思っていたそこで様々な嬢に出会い、
私は成長できたと思います。



時には頭がおかしいと思う人もいました。



でもそんなこよりはるかにまともな子も多かったし、
夢を持つこも多かった・・・



私が彼女達に助けられたことも多かったし、
人生というものを深く考えさせてくれました。



そんな私が愛すべき風俗嬢達をみなさんにも少し紹介したいと思います。



時には何だコイツ!?って私を般若の様な顔にさせた奴も書いていこうかな。。



それにしても読者さんがついていてビックリ&嬉しいですo(^-^)oありがとうございます。



移動中やお風呂の中で書いているので更新もまばらですが楽しんでくれたら嬉しいです。









































ラベル:風俗嬢の友情
posted by マリエ at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

風俗店で働くスタッフ:彼女を探しに来ているドライバーN

風俗店で働くスタッフ(主に男性)を羨ましいな~と思うお客さんは多いはず・・・

けれど実際は安い時給でハードに働かなくちゃいけなくて大変だと思います。







女の子は精神的にやられてしまうこともある仕事だから
相談を受けることもあるだろうし、
意味も無くキツくあたられることもあって
本当に彼らは大変だと思うし尊敬し、感謝しています。




そんなスタッフの中にも例外はいます。




私が出会ったドライバー(女の子をホテルに送迎するスタッフ)の中で
彼ほど仕事を楽しんでいた人は居なかった・・・です。




彼の初対面の印象は・・・最悪。
冬だったんだけど黒いレザージャケットに胸元ぱっくりあいたシャツ。
そしてだるだるのデニムのパンツに汚い金髪。
私の嫌いな服装ナンバーワン。




そして挨拶ができない。(←これが1番)




女の子の中でも評判は良くなくて、
みんな『挨拶したのに無視される)`ε´( 』
って怒ってるこも多くて、挨拶されなくなっていきました。




私も『何だこいつ!』って思いつつ、
でも挨拶は常識だからってしてんです。




そんな時、初めて2人っきりの送迎がありました。
それだけで超憂鬱だったのに、
結構長い距離で40分位一緒でした。




他のドライバーさんならバカな話したりして
結構移動中は話してるんだけど、
面倒だから寝よ~(θωθ)って思っていたんです。




すると,ドライバーNが話かけてきた。



N『俺ずっとマリエさんと話してみたいって思ってたんすよ』


私『え?はあ・・・(;´ω`)』


N『みんな俺のこと無視するんすけど
  マリエさんはいつも話しかけてくれるじゃないすか?』


私『え・・・・・?話したの初めてじゃない!?(゜д゜;)』


N『いやいや!毎日話しかけてくれるじゃないすか!
  でも周りにみんないるから毎回話ずらいんすよ』


(ここでNの話しかけるとは私が挨拶をすることだと気づきました。)


N『俺思ったんすけど、人気の無いこってみんな性格悪くないっすか!?』


私『え?どゆこと(@_@)?』


N『いや何か人気無い奴に限って態度でかいし、キツイんすよね。』


私『へ~私みんなのことよくわかんないからさ。
  でもNさんが挨拶しないから
  みんながNさんのこと良いように思ってないんじゃない?』
(何だコイツ(-_-メってブチ切れそうだったんですが抑えた私って大人笑)  


N『あんま仲良く無いんすか!?』
(は!?大事なとこ聞いてたんか(-"-怒)!?)


私『みんな常識あっていい子だと思うよ』
(もう何でも良くなちゃって私もテキトー)


N『なんでマリエさんこんな仕事してるんすか?
  彼氏とかいないんすか?』
(こんな仕事してる私にはなしかけるんじゃねーよ)


私『秘密です』



もうこの後からは俺もマリエさん呼びたいとか、連絡先教えてとか、
スタッフとしてのルール違反トークばっかりで
お客さんの元に着いた時には既にグッタリ(´Д`;)




事務所に戻ったらNが居なかったので
仲のいいスタッフさんにNのことをチクり、
私の送迎で2人っきりにならない様にお願いしました。




それから2週間後にはNは消えました。




そう・・・私が消したんです。




久しぶりにオーナーとご飯に行く機会があったので全部ばらさせて頂きました♡




それから結構たって女の子同士の噂で聞いたんですが、
お店で地雷と呼ばれていた嬢とNが付き合っている・・と。




送迎の車の中でいちゃこいてるのを休日だった嬢が目撃したらしいです。



仕事もできない挨拶もできない・・・
そのくせ嬢に手を出す。。。



本当腐れチ◯コめくたばれ!!!























posted by マリエ at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。